FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告

風俗にはまった男の体験談

風俗嬢と付き合いたい青森の男必見!


なぜ、彼は風俗嬢と付き合う事が出来たのか?
その秘密が下記サイトに記されています。



風俗本番
“風俗にはまった男”のまとめサイト




あなたは、彼と同じように風俗嬢と付き合いますか?

それとも、風俗にムダ金をつぎ込みますか?





   青森弁の基礎知識

青森県は南部藩(県の東半分)と 津軽藩(県の西半分)の両藩が併合してできた県である。両藩の境界は、青森市の東の東津軽郡平内町と上北郡野辺地町の間にあり、方言もここを境界として2分されると多くの青森県人が認識している。
津軽弁 - 津軽地方(旧津軽藩領) 
南部弁 - 南部地方(旧南部藩領)
これは帰属意識による分類であって、方言学上の分類とは異なるが、県民には広く受け入れられている。藩政時代に藩が津軽藩と南部藩に分かれていたことに起因するものである。県民には広く受け入れられているとはいうものの、現代において旧南部藩に属していた下北地方では、下北弁話者の帰属意識は南部弁にはないのが現状である。したがって、帰属意識による分類は大多数の人が住む津軽地方および南部地方の人の帰属意識によるものであり、下北地方の人の帰属意識によるものではない。マイノリティを無視した認識と捉えてよいであろう。たとえば、「なまけ者」を津軽では「カラポネヤミ」「ホネヤミ」などと言うが、南部では「カラヤギ」と言う。また、下北では「カラポネヤミ」「カラヤギ」の両方が使われ、南部と津軽の言葉の両方に共通する言葉がみられる。さらに、下北・南部において「わからない」は「わがんねぇ」、「駄目だ」は「わがね」であるが、津軽方言を話す人にはこの区別がつきにくい。

青森県内のいずれの方言も、文法構造や単語の特徴、音韻の特徴は北奥羽方言の特徴を有している。それゆえ、北海道道南、岩手県、秋田県の方言との共通部分も多い。


   風俗本番:全国

北海道・東北
[ 北海道 | 青森 | 岩手 | 宮城 | 秋田 | 山形 | 福島 ]
関東
[ 東京 | 神奈川 | 埼玉 | 千葉 | 茨城 | 栃木 | 群馬 | 山梨 ]
信越・北陸
[ 新潟 | 長野 | 富山 | 石川 | 福井 ]
東海
[ 愛知 | 岐阜 | 静岡 | 三重 ]
近畿
[ 大阪 | 兵庫 | 京都 | 滋賀 | 奈良 | 和歌山 ]
中国
[ 鳥取 | 島根 | 岡山 | 広島 | 山口 ]
四国
[ 徳島 | 香川 | 愛媛 | 高知 ]
九州・沖縄
[ 福岡 | 佐賀 | 長崎 | 熊本 | 大分 | 宮崎 | 鹿児島 | 沖縄 ]
スポンサーサイト
[PR]

| 風俗男の体験談

«  | 風俗本番 |  »

風俗体験談


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。